>> NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
お買い物のこと。

2017年もはじまって、立春も過ぎ。
毎年1月というのは、のんびり・ゆったり時間が流れているのですが、今年の1月のなんと早い事
そしてもう2月。ただ、早いばかりでなく短時間にいろんなモノを見たり、出会ったりしてる、
なんだか珍しい1年のスタートです。

1年のはじまりと言えば、1月の上旬、2年に渡ってお休みしていたデザイナーのブログが復活しました。
商品を作る以外のアウトプットもした方がいいですからね。
この時期の過ごし方など「まじめかよ」という題名で書いていますが、
次の新作に向けて、選んだり迷ったり悩んだりの、大まじめの毎日。

商品を作る時、お買い物についてよく考えます。
作るだけでなく、何をどう買うか、誰から買うか。そこがすーっと想像できないとモノが出来上がりません。

買う方の体験でかなり楽しかったことがいくつかあったので、覚え書きとして書いておきます。






新宿の某セレクトSHOPでやっていた、スタイリストの高橋靖子さんの展示に立ち寄った時に。
セレクトSHOPはもう半分ぐらいはライフスタイル展開されて久しいですが、ここも同じ...ぐらいに思っていた。
そしたら!益子や京都や沖縄のうつわのなんと訴えかけてくること。まんまと買いました。

モノは作る時に飽きるほど見なければいけないので、判断はきびしい方なんですけどね。
会う時には会ってしまうもんで。そして、それを逃したら会えないんだよね。

そう思わせるような、一歩前に踏み出してくるうつわ達。
お店の方と話していたらもう10年もうつわや工芸品を展開しているんですよ、との事。
昨日今日のライフスタイルではなかった訳です。

その後、新宿で買ったうつわと同じ窯元の別なサイズ・柄の商品を別な所で見たんですよ。
そしたら驚くほど欲しくなかった。それはなぜか。

新宿のバイヤーさん、それはそれは足しげくその窯元に通っていて。インスタとか見る限り。
そして作り手に、このうつわのこの部分が良くて自分は買い付けているんだ、ここが素敵なんだよ、という事を
きっと伝えているのだと思う。

そういわれると、作り手は、形作るとき・彩色するとき・焼き上がりにおいて、
自然にそのポイントに合わせて商品をセレクトする。
考えなくやったことでいいことって、本当に偶発的なことでその素敵の再現は難しいのですが、
選ぶ、って事は重要で、方向性さえ示していれば
迷わずその素敵ポイントを兼ね備えたものを選ぶ事ができるのです。

違いがあるとしたらそこなのだろう、と。誰から買うか。


 * * *


そして別の日。今度は表参道の某SHOPに立ち寄ったとき。
府中のうつわや和箪笥を扱われているお店が、イベントで出店されていて。
赤絵染錦のお皿など、まんまと買う・その2。

また会えるとは限らない、の法則にのっとり、真面目に商品を吟味し始めたところ
何度かお店の方に言われたのが「それ、かわいいですよね〜」。

この場合は 店頭にいるお店の方には、それほど思い入れが無いですね。
無いというか、ライト。または、その商品に慣れていない。

ただ、出店しているお店の方にヴィジョンがあって、原宿よりの表参道でうつわを買うような人には...という
妄想がしっかりとあって、ちょっと珍しい色合いのものが多かったのです。

パステルカラーのような色合いのものや、デニムのような藍色のお皿など。
実際に、何の料理が映えるか?という目線ではなく、この1個・単一のプロダクトとして好き、と思えるかどうか。

そういうファッション的な見方と、
表参道にわざわざ来る大人のために、とってもいい佇まいの古伊万里のお皿セット・但しお値段もカッコイイ、とか。

とにかく ちゃんとヴィジョンがないと、買う気というのが起こらない。

ただ、何かが合致した時には、いい香りがした気がして、買ってしまうんですけどね笑う


お買い物事情、作り手としてはこんな事が面白いなぁと思いつつ、考えを巡らせていました。
ネットのお買い物とは違う性質の、買う事についての覚え書き


行動録いろいろ comments(0) -
2016年のベストセラーHAT、そして Greetings from MIFUNE / KROFUNE



もう残すところ1日となりました、2016年。
今年もMIFUNE / KROFUNE をご贔屓いただき、ありがとうございました

今年あった事を振り返る前に、まずは昨年から始めましたベストセラーのHAT達をご紹介。

ファッションの流れ的には、ベレーが流行るよ、とか、キャスケット出てますよ、とか言われても
一向にそんな気配のないものがベストセラーなMIFUNEとKROFUNE...

でも、それでこそという感じもします。
だって、そのド真ん中で流行っているものは何処ででも買えるもんね。

という反面、今年の秋冬にKROFUNEからお出ししたニットCAP。
今まで、量感のあるニットCAPの形をしたHATは出していましたが、ずばりニットCAPというものを出したのは初でした。

ずーっと、出さないんですかと聞かれるアイテムではありました。
でも、ピターっとしてアタマの形が今ひとつキレイに出ない事とか、釈然としないところがあって、出してなかったのです。
でも、今回解決したのですよ〜。これはね、何処かの誰かが同じ仕様で作ったとしたら言い逃れ出来ないよ?というね。

そして実際にお届けした後、「これ、ホントにいいですよ」と、お客様に褒められる事も多かったニットCAP。
なので、次の秋冬にも別なニットで何色かお出しする予定です

他のベストセラーはどれも程度の差はありますが、どちらかというとBIGシルエットなものがランクイン。
前に比べて、着方のバランスの取り方が上手なお客様が増えて、この大きめシルエットも上手くかぶってくださる印象があります。
インスタとかで、写真を撮ったり撮られたりの機会が増えたからかな〜と思います。

ベストセラーに限らず、今年もたくさんのお客様に身につけていただけて、感謝しきり。
ありがとうございました顔


...と、インスタのお話しをしたので、まつわるお話しを少し。

私達のようなタイプのブランド/メーカーは、ご注文いただいた分をお作りする、という受注生産のシステムの所がほとんどです。
なので、今年の秋冬にお届けしたアイテムは、お届けの3〜4ヶ月前の3月に「展示会」という形で発表されています。
本来なら、バイヤーの方々のみが見る先のシーズンのものでしたが、
数年前から受注会を開いていただくお取扱い店のお客様や、直接展示会に来られる一般のお客様も、先取りで見ていただいたりしています。

そのとき、ブランド側としては、次のシーズンのご提案なのだから、当然「たった今」のトレンドのものではなく、新しい提案です。

どれぐらいの「新しさ」に視線を注ぐか。それがブランドの大小に関わらず問われる事。
さっきのベストセラーの時にお話ししましたが、MIFUNEとKROFUNEは、トレンドの事はあまり気しないで、ブランドらしさを追求するタイプです。

でも、ファッションの世界に身を置いているので、自然と自分たちが「これいいよね」というは、少し早すぎる次のトレンド、だったりします。

以前はその「少し早すぎる」というのは、いくらブランドらしさが出ていればOKのメーカーだって、商品化しても全くの無意味でした。だって、理解されないんだもの。

いままで、その「早すぎる感覚」が広く浸透するのに2年ぐらいかかっていたのが、インスタやSNSの登場でかなり縮まった感があります。

今までなら時間的にも量的にも消費される事で理解されるモノ...だったのが、何だか、単純にカッコいいからという理由だけで、
時間的に早い上にしかもその「いい」という熱をもったまま広く伝わっている...という気がしているのです。

ある有名な映画の一節に、その、早すぎる感覚が登場して伝わるまで、の事と、
その何となく身につけている流行っているものは、ヒリヒリとした選ぶ、という行為のもと、ちゃんと選ばれているのだ...という事を示したセリフがあって。転載しておきます。


 「あなたには関係ないことよね
  家のクローゼットから
  そのサエない“ブルーのセーター”を選んだ
  “私は着る物なんか気にしない”
  “マジメな人間”ということね

  でも、この色はブルーじゃない。

  ターコイズでもラピスでもない。

  セルリアンよ。

  知らないでしょうけど2002年に
  オスカー・デ・ラ・レンタがその色のソワレを
  サンローランがミリタリージャケットを発表。

  セルリアンは8つのコレクションに登場。

  たちまちブームになり
  全米のデパートや安いカジュアル服の店でも販売され
  あなたがセールで購入した。

  その“ブルー”は無数の労働の象徴よ。

  でもとても皮肉ね。
  ファッションと無関係と思ったセーターは
  そもそもここにいる私たちが選んだのよ。
  “こんなの”の中からね」



このセリフに「2002年」とありますが、まぁ、スマホが出る前の世代。

セリフを向けられている人は、ファッションなんてどうでもいい、と思っている人。
だから、もちろんMIFUNEやKROFUNEを選んでくださるお客様とは全く違う価値観の方に向けられた言葉なのだけれど、
その頃は本当にここにあるような時間の流れで、伝わっていました。

でもそのタイムロスが本当に短くなっていて、もう短いとか時間の長さの話しでなく、
このカッコいいと思って出したこのアイテムは、欲しいと言ってくれる人が具体的に何人、って如実に判る日も近いなぁ...と、思って。
あるいは、望むものがハッキリしたお客様が増えて、よりオーダーメイドに近くなったりするのかなぁ...とも思います。
もう、そうなるとハイブランドのお客様と変わらないのだけれど。

いずれにせよ、急に進んだ感がありました。2016年。


今年はオリーブ園で生命力にインスピレーションを得る事からスタートし、

美について思い出させられる再会があったり、

春を満喫したり、

初めてお伺いするお取り扱い店でお客様に会ったり、

魅せることについて考えさせられたり、日本語の難しさを痛感したり、断捨離をしたり、

際限なく色彩の融合を楽しんだり、早すぎる別れに落涙したり、

新しい決断に心からエールを送ったり、知らない土地でも縁のある方とはバッタリ会うもんだと思ったり。


書ききれないほどの新しい事・感覚を得たのと同時に、
あの時のアレ、この為だったのかという符号をとてもたくさん発見した1年でした。

2017年は、MIFUNEもKROFUNEもアニバーサリー・イヤー。
どんな1年になるでしょうか。年頭はアタマの芯を緩めて思いを馳せる時間にしたいです。

来年も、こりずにお付き合いいただけると幸いです。
皆さま どうぞよい年末年始をお迎えください(´▽`)ノ 


デザイン・ロン comments(0) -
こうして年の瀬。


2016年もあとわずか。

まったく納まる気配がしなかった12月の仕事も、パタパタと納まった28日の仕事納め。

たくさんの新しい事があったなぁ...という今年。なのにブログを更新していません...笑

年末恒例の、2016年のベストセラーを発表する前の記事が8月のMIFUNE 14周年のものだなんて...
気まずすぎるので、冬の由比ケ浜の写真をお届けします。

12月上旬の海。くもりがちな空の色が海に映って、ミルクみたいなブルーグレーだった日。

さぁ、2016年のベストセラーは何だったでしょう。See you tomorrow!




行動録いろいろ comments(0) -
14th Anniversary of MIFUNE



なんて久しぶりにブログにアクセスしたのだろう...と驚きながら書いていますが...(^_^;)

今日で、MIFUNEは14周年を迎えました
こうして この日を迎えられるのも、たくさんの方々のおかげであり、感謝の気持ちでいっぱいです。

お客様やお取引先の皆さまはもちろん、

いつも新しい試みを一緒にトライしてくれる仲間がいる事、

いつの間にか長いお付き合いになった モノ作りを託しているご担当者の皆さま、

こういう時間の過ごし方ができる環境や、

いつも刺激やインスピレーションをくれる友人たち、

強行スケジュールになんとか耐えている自分の健康...などなど、

恵まれている...というより、ここに居る事を甘えずに頑張っていられている、という感じでしょうか。
本当に感慨深く、今日を迎えています。

こんな節目なので、少し心境を書いてみようと思います。(ちょっと長め。)


13周年を迎えた昨年、少しブランドを見直す時期を設けました。

MIFUNEをはじめた頃、コミュニケーションツールになるようなモノ作りをしたい、という思いを掲げていました。
その思い、意外と今ごろになってずっしりと受け止めています。

というのは...

この頃のコレクションでは、MIFUNEとKROFUNEを合わせて70アイテムほど揃えて、展示会に臨んでいました。
バイヤーさんは、たくさんある中から選びたいのだ、と思っていたので
コレクションごとにアイテム数が増えて行きました。

でも、展示会で見ていただける貴重な時間は短く、その時間内にデザインから空気感まで、
アイテムに関する全部を伝える事は難しいんですよね。

話せば全部伝わる、とは思っていませんが、ある程度は伝えきりたいと思いはじめたら、
このアイテム数は厳選するべきではと思いはじめました。

もう一方で、お買い物の仕方も「消費する」ようなお買い物ではなく、
気に入った物を厳選して買われるお客様が増えてきました。

きっと その時代の流れと、
自分たちが長く続けてきてモノ作りの妙が少し解りかけてきた、という時期が一致したのだと思います。

いままで以上に、もっと一つ一つ、宝物にしてもらえるようなアイテムを作りたい、と思うようになりました。

帽子からスタートしたMIFUNEは、黒ばっかりのKROFUNEと一緒に、
ストールやスカーフ、オリジナルプリントを施したウェアー、一点モノに近いような小物たちを作るようになりました。

スタイリングのキモは、小物使いだと、私達は思っています。

小物が活きると本当にステキにみえるし、オリジナリティも出るのです。
そういう事を、バイヤーさんはもちろん、
もっとお客様に直接お伝えしたいなぁ...というのが、14年目のやりたい事。

MIFUNEとKROFUNEのお客様というのは、ちゃんと自分の機嫌の取り方を判っているお客様ばかりです。
受注会などでお会いすると、本当にすてきな方ばかり。お会いすると ついつい長話をしてしまう、自慢のお客様です。

今までも、受注会でお客様にお会いする機会はもちろんありましたが、
今年はもっとです顔


まず近々の事では、10月18日(火)〜23日(日)の6日間、
代官山のとあるギャラリーにて17ssの展示会を予定していますが、
今回は、一般のお客様にもお越しいただけるように企画しています。平日も・週末も・休日も

その場でお買い物いただける商品もご用意しようかなとか、
どんな見せ方にしようかななどなど、すこしゆったりとご覧いただけるような展示に

今までお伺いしていた地域には受注会へお伺いすると思いますが、
早くみたいとか、ネットSHOPに上がっているものを試着してから買いたいというお客様もぜひ10月の代官山へ。
今のお買い物の気分に、少しでもフィットすると嬉しいです

...というのが、今の心境です。
15周年を迎える頃、もっと豊かな気持ちでいられるように。

つい、Facebookインスタグラムで投稿して終わりにしていましたが、
こうした長ーい話をもっと、ブログでしようと思っていたんだった...
もっとマニアックな話、書いていこうと思います


これからのMIFUNEも、どうぞよろしくお願いいたします(´▽`)ノ 


Thank you always for everything.
We look forward to working with you in the near future.
Enjoy, MIFUNE!





Hot news comments(0) -
2015年もありがとうございました◎ Greetings from MIFUNE / KROFUNE


もう残すところ1日となりました、2015年。
今年もMIFUNE / KROFUNE をご贔屓いただき、ありがとうございました

今年は「作る」という事について、本当に考えさせられた1年。

写真は、2015年のベストセラーHATたち
BLACK IS THE NEW BLACK...と思わせるほどの黒人気。
つば広HATもとても人気があり、定番化したように思います。

...と、ここまではFacebookInstagramでも掲載したのですが、
ブログではもう少し書きたいと思います。


その、「作る」という事について。

ファッションを生業にしていると、先の季節の事をずいぶん前に考えて形にしていきます。
何のアイテムが流行りそうで、何色がキテるのか。
いまやデザイナーでなくとも適切な言葉で検索すれば、ネットである程度はつかめるほど
あらゆる情報が出まわっています。

そんな情報をつなぎ合わせれば作った事がない人でも、何かしら「それらしき商品」が作れるかもしれない。
それがたった数回で終わってしまう事なのか、何年も続けられる事なのか。
そこが生業にできるかどうかの一線だと思います。

生業にしていると、選ぶ事の連続です。
このフォルムでいいのか、この色でいいのか、この素材でいいのか、これでいいのか。
その幾度ものディレクションによって、ひとつのモノが出来上がっています。

「ここが、こうだったらいいのに」
「こんなアイテムが欲しい」

そういう意見はとても参考になります。
あるいは、今まではそんな声を聞き入れる事が、お客様のためだと思っていたフシがあったのですが、
そうではなかったんです。

お客様は「寄せて作ったもの」ではなく「思いも寄らない、ワクワクするもの」に会いたいのだ、と
ある人と話していて気がついたのです。

たくさんの選ぶ行程を経て商品を作る。
あの人がこんな事を言っていたから、とかに合わせる事は
単に寄せただけ・当てにいっただけの事であって、一時のビジネスです。

こうだったらいいのに、という要望を聞いたら作れると思ってるのは、作り手の奢りです。
厳密には、言ってくださった方の思うようなのは作れません。
でも 思いも寄らないモノ、は作れるかもしれない。

なので、その部分をより丁寧に磨いていくしかないのだと。

そして 作った時の空気感も含め、どうまっすぐに、混じりけ無くお客様に届けるか。

その部分を、もっともっと準備して、今まで以上にやっていこう。
そういう事を人任せにせず、きっちり伝えていこう。

ビジネスとしてはとても不器用な方法だと思いますが、
そこをちゃんとやらないと、ウチのようなブランドはやっている意味がないのだと思うのです。

何が流行るとか、これがキテるとかは、自然と「いいな」と思う流れの中にいるので、
そこは気にせず作ったとしても、ちゃんと今の空気感で出来上がります。

あとは、どうしていきたいか。何のために時間を使うのか。
2017年にMIFUNEは15周年を迎えるので、その節目を目標に、少しずつシフトしていきたいと考えています。

そのリセットの意味もあって、2016春夏コレクションは少しアイテムを絞っています。
ただ今後作る商品は、定番として出し続けていきたくなるようなモノや、
今までとても人気があった商品を更にパワーアップさせたモノなど、
少しずつ、コレと思った内容で増やしていきます。

そして 2016年は、MIFUNEやKROFUNEの運営だけでなく
他の分野のデザインに関するプロジェクトや、クライアントから依頼があってするようなデザインの仕事も、
今まで以上に進んでいく予定です。「衣」をメインにやってきたとすれば、「住」と「食」が加わるかもしれません。

そんな活動が、MIFUNEやKROFUNEをもっと豊かにしてくれるとも思っています。


あー、長々書いちゃった。
FBとかTwitterとか発信するものはいくらでもあるので、なかなかブログの更新まで手が回らないですが、
今後はこんな長い話を、覚え書き兼ねてブログで書いていこうと思います。

来年も、こりずにお付き合いいただけると幸いです。
皆さま どうぞよい年末年始をお迎えください(´▽`)ノ 










デザイン・ロン comments(0) -
| 1/80 | >>