NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
2019-20 Autumn and Winter, MIFUNE “SAND BEIGE”


MIFUNE 19-20AW, New Collection



今回のMIFUNEのテーマは「SAND BEIGE」。
様々なテイストが入り混ざらないようある線引きはあるのですが、
どちらかというと色味に重心を置いたコレクションとなりました。

ここ最近、柄の作り方が変わってきました。
前は細かな部分の共鳴ばかり気にしていたとしたら、今はぐっと引いて距離をとっている感じ。
その感じを掴んだので、随分と楽になりました。







MIFUNE 19-20AW, New Collection



BIGワンピース用に作った柄の3点は実は繋がっていて、1.3m×4.2mほどの1枚になります。

ブランドとは別の、mtrismでお承けするデザインの案件で
時々ですが「大きいものを作るイメージ」を求められる時があります。

日本画で言えば 六曲一双の屏風ぐらいの、空間一面を埋め尽くす大きなイメージです。
そういう事、ブランドに影響するのも面白いのでは?と思って、
今回の柄は実はそのようにして作った本人はいろいろと遊んでいます。





MIFUNE 19-20AW, New Collection



その感覚は、コラボレーションしているREIKOMONOさんの糸との色合わせなどにも出ていると思います。

今回のREIKOMONOさんの糸も、毎度の事ながらいろいろ考えての配色。
考えて、というのがそのまま形になるわけではなく、
REIKOMONOさんの「紡ぎ」という、同じものが再現出来ないようなリズムが加わってくるので、
糸が仕上がってくるまで解らないのが、スヌードを作る面白さ。
紡ぎ方も新しいトライをしてもらっていて、
そういう部分は形になった時の佇まいに出るのかなぁ...と思いながら。

スヌードは19-20AWで7シーズン目になるでしょうか。
色めとしては、MIFUNEでご用意したアッシュミント「MENTHA」は、
カーキやグレージュも含んだアイスなグレーが美しく、明るめのアッシュテイスト。
ベージュブラウンは、ミルクティーのような柔らかいブラウンのトーン。そして定番のネイビーふたたび。
KROFUNEのブラック&ホワイトもシャープでかなりよい感じです。








MIFUNE 19-20AW, New Collection




そしてコレクションがはじまる前に、
バイヤーの方や、東京展にお越しいただいたお客様にお送りしているインビテーション。

このご案内が届くところから、コレクションがはじまっているのですが、
嬉しい事に毎回このインビテーションを楽しみにしてくださっているお客様も多く、
印刷物が好きな私たちとしてはとても嬉しいのです。

私たちの中で、ですが、今年のはじめにある決めごとをしたんですね。
そうしたら、ちょっとした目に触れるものからすべて、今まで以上に手をかけたい気持ちになって。

そういう気持ちが、今回のインビテーションにも出ていたのか、
また別ジャンルでモノ作りをしている友人が「ご案内もらった時に、今回は何かすごく違う事があったみたいだから、絶対に行かなきゃ、って思ったよ」と、会いに来てくれて。つくづく、あぁ出ちゃうのね、と思った次第。
そしてそれが伝わるんだというのは、大げさに言うと希望だな、と思いました。

...というように。
ある決めごとがMIFUNEの見せ方を少し変えたかもしれません。
アタマだけでなく洋服も楽しんでいただけるコレクション。

MIFUNEとKROFUNEの秋冬、ぜひご覧ください。


from : mtrism, 5 May. 2019



=========================================

   instagram https://www.instagram.com/mifunekrofune/

   MIFUNE online store https://mifune.stores.jp/

   KROFUNE online store https://krofune.theshop.jp/



展示会・新作 comments(0) -
2019-20 Autumn and Winter, KROFUNE “BLACK SEA”

KROFUNE 19-20AW, New Collection



今回のKROFUNEのテーマは「BLACK SEA」。
ここ最近にしてはめずらしく、言葉の響きやイメージからモノづくりをしたコレクションとなりました。

あたらしいモノを作りはじめる時は、何をインプットしてきたかを問われます。
それは、自ら得ようとした感覚だけでなく、受けてしまった(受けたくなかったニュアンスの)ものも、
実は活きているという気がした今回。

でも「ネガティブ受けてしまった」だけでなく「こんな事思いもよらなかった(タナボタ)」だったり、
「しばらく忘れてたよ(これをキッカケにぐっと思い出した!)」 とか様々。

帽子にもその片鱗は如実に出ているし、ウェア類もいつもよりパキッとしたダークを追求してみたり。

KROFUNEらしさとは?が再認識いただけるような秋冬となりました。







KROFUNE 19-20AW, New Collection



BLOGなので少し長めに、覚え書きもかねて。

次のコレクションの構想をはじめる時期は、
新作を作って展示会が終わって 各地の受注会がはじまる頃には、だいたいもう考えています。
なのでこの19-20AWの構想をはじめたのは、昨年の11月初め頃。
その頃というのは、コレクションで空っぽになったアタマに、色んな素敵を目にしてあらゆるインプットをしていく時期。
今回はその頃にKROFUNEに関するお話しをいただいて、打合せをしたのですが。






KROFUNE 19-20AW, New Collection



その打合せで、KROFUNEをはじめた頃のダークな拠り所というか、感触というか、
ブランドを続けるにあたって、積み重ねてきた考えに埋もれてしまっていたかもしれない場所に、
光があたった感じで。

シンプルにKROFUNEとは? という事に向き合う時間が持てたのでした。

こういう事が起こると、いつも本当に不思議だなぁ...と思います。
自分だけでは気づけなかった事を、他の形をとって気づかせてもらえるというか。

そういうストーリーも今回のKROFUNEは持ち合わせています。

秋に手にとって頂ける時に、そのカケラも一緒にお渡しできますように。


from : mtrism, 5 May. 2019



=========================================

   instagram https://www.instagram.com/mifunekrofune/

   MIFUNE online store https://mifune.stores.jp/

   KROFUNE online store https://krofune.theshop.jp/



展示会・新作 comments(0) -
新しい季節、そして4月の仙台。

MIFUNE 19ss, New Collection


令和。とてもよい響きの新元号も発表され、元号発表に気を取られてエイプリルフールが終わってしまったけれど、新年度も無事スタートした4月。
3月に代官山にて開催した秋冬お披露目の際は、お越しいただきありがとうございました


アトリエではまだまだ春のお届け準備だけでなく、
4月17日スタートの仙台三越さんでの期間限定SHOPの準備も佳境です。

上の写真は春夏新作のシャツガウンやワンピース、ストールに夏の帽子など。
仙台三越さんでは、本館2階のニューヨーク・ランウェイにて、帽子やストールを中心に置いて頂いています。
なのでウェア類は期間限定SHOPならでは


MIFUNEからは、ガウン4柄・ワンピースは限定柄を含む3柄、
KROFUNEからもガウンとワンピースをお持ちします。

ほか、シルクコットンのスカーフやストール、リネンのストールも。

そして帽子は夏のHAT、1点モノをお持ちする予定。
ベーシックカラーだけれどかっこいいのを考案中。

間に合えば、1点モノのアクセサリーを...と、期間限定ならではのラインナップ


すぐにお買物いただける春夏のアイテムだけでなく、
お披露目したばかりの秋冬の新作からも
ワンピース・スヌード・ストールや一部の帽子とドレスターバンはお持ちする予定。
もちろんご試着もできますので、どれがお似合いになるか 少し先のお買物のお供ができればと思います。




MIFUNE / KROFUNE POP-UP SHOP in SENDAI MITSUKOSHI

 仙台三越 本館2階 エスカレーター隣りのイベントスペースにて

 4月17日(水) 〜 23日(火)、10:00〜19:30

 デザイナー滞在日:17日、20・21日

 19-20AW 秋冬の新作はご予約にて承ります。秋冬商品の展示期間は「17日〜21日まで」です。

 1点モノの販売は 初日の17日より。近くなりましたらインスタグラムなどSNSにてご案内いたします。

 デザイナー滞在日は終日店頭にいる予定ですが、途中休憩で不在の場合があります。
  ご来店のご予定がお決まりの場合は事前にメールかお問合せフォームよりご連絡ください。
  準備してお待ちしております



今回の春の仙台、デザイナーがお伺いできるのはこの期間限定SHOPのみとなります。
お買物はもちろん、近くまでフラリと来たよ〜とか、前に買ったストールの巻き方教えて〜とか。
お会いしてお伝えできる事はこの機会にぜひと思っております。
皆さまにお会いできるのを楽しみにしております

from : mtrism, 2 Apr. 2019



=========================================

   instagram https://www.instagram.com/mifunekrofune/

   MIFUNE online store https://mifune.stores.jp/

   KROFUNE online store https://krofune.theshop.jp/












展示会・新作 comments(0) -
早くこんな風に遊びたいという気持ちを抑えて、17-18AW 受注会のご案内。


4月。もう下旬を迎えるではないですか...
3月末の17-18AW 東京展を終えてからもずっと、休みなく過ごしております。
お待たせしている事がたくさん...あと少しで一段落つくはず(^_^;)

さて、明日・21日より、いよいよ17-18AWの新作受注・予約会がはじまります
まずvol.1として、21日(金)〜23日(日)まで、名古屋の「Deity's watchdog」さんにて開催いたします。

秋冬のテーマは、KROFUNEが「KASBAH / カスバ」、MIFUNEが「Marrakech / マラケシュ」。
どちらも、幻想的で香しいモロッコにインスピレーションを得てお作りしたコレクションです。

モロッコとは不思議な国で、何があるかと言えばモロッコ以上でも以下でもなく、
差し当たって思い浮かばないかと思いきや、その空虚と退廃はモロッコに優るものはなく...
もう既にうっすらと気が流れているだけで安心して作れるような
迷い無くいたけれど、実はどっぷりとモロッコの迷宮に入り込んで作ったコレクションになりました。

ここ数コレクションは「装う事」に重きを置いてきたので、
着る人がコンシャスになるようなご提案ができたのではないかと思います。
あたらしい秋冬、MIFUNEとKROFUNEの迷宮へようこそ。という感じです。

加えて今年は、MIFUNEが15周年・KROFUNEが10周年のアニバサリーイヤー。
装飾的なハットや、纏うことでコンシャスに見えるようなストール、
5シーズン目を迎える紡ぎ糸のロングスヌードなどをご用意しています。

この機会にぜひお出かけください



【 MIFUNE / KROFUNE 2017-18AW Exhibition 】

 vol.1 4月21日(金)〜23日(日) Deity's watchdog
 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-36-32
 TEL:052-262-3699


その後の各地での受注会日程は...

 vol.2 4月27日(木)〜29日(日) 広島 Solomon Grundy
 vol.3 5月3日(水・祝)〜7日(日) 仙台 TRANCE@merry lab
 vol.4 5月8日(月)・9日(火) 仙台 TRANCE@room

 5月は中旬にも予定がありますが、また近くなったらお知らせいたします。


17-18AWの新作は、随時Instagramでご紹介していきます。こちらもぜひご覧ください
Instagram



展示会・新作 comments(0) -
2月の御礼、そして3月25日からは秋冬のお披露目。

もうすぐ3月も半ばを迎えますが、まずは遅ればせながら2月の御礼。

2月15日からスタートした「むつめくTOHOKU」という仙台・三越さんでの催事に呼んでいただきました。
物産展でない、東北発の世界へ発信できるモノ作りのイベントをしたいんです、という担当者の方の熱意のもと、仙台出身のクリエイターという事で選んでいただいたようです。光栄。

MIFUNEもKROFUNEも、何度かお誘いいただくタイミングはありましたが
率先して進めてこなかったんですね、百貨店でご覧いただく事を。

でも今回、トントンとお話しが進んで、出店に至り。
はじめてなものですから、軒先をお借りするぐらいの気持ちで伺ったら、
なんと入口正面にドドーンと展開していただいていました。何という嬉しさ





5日間のうち、後半の土日・2日間のお伺いとなりましたが、
たくさんのお客様にご覧いただけて、本当に勉強になった2日間。

発見としては、意識に上がる、という感覚を得た事。

MIFUNEは今年15周年、KROFUNEは10周年を迎えるのですが、
仙台三越さんでは、今まで見ていただいていない層のお客様に見ていただく機会でした。

誰もが知っている場所というのは、すっと入ってくるんだなぁ...というね。
意識に上がりさえすれば、どんなお客様にも見ていただける商品だという事も。

今回は初めてお伺いしたので、どんな商品がよいのか様子見の向きもありましたが、
秋冬の商品を見ていただく機会があれば、アレとアレだな〜という感触も得ました。
デザイナーBLOGにも裏話的に載せてありますが、またお伺いできるよう、励みます。





それで引き続き三越さんでは、上記のハットはお取扱いいただいています。
広告にも載せていただいた革ベルトの「Dos Caras」は、イベント終了時でLサイズのみとなっていました。
5階の紳士フロアでお取扱いいただいていると思います。
(新参なので、ブランド名言ってもわからなかったらごめんなさい...笑)



 * * *

そして3月25日からは、早いもので次の秋冬コレクションのお披露目スタートします。
もう2週間を切りました...はやい

東京展は代官山にて下記の6日間の開催予定です。
一般のお客様もご試着・ご予約いただけますので、全ラインアップ見たいんですという方はぜひぜひ


MIFUNE / KROFUNE 2017-18AW Exhibition


会場:代官山「A.S ANTIQUES GALLERY」
   東京都渋谷区恵比寿西1-31-15 2F ➡Google Map
   代官山駅,正面口より 徒歩2分

 3月25日(土)13:00〜18:00
   26日(日)12:00〜18:00
   27日(月)13:00〜18:00
   28日(火)11:00〜18:00
   29日(水)11:00〜18:00
   30日(木)11:00〜18:00 (last appointment 17:00)

   CARD OK!➡VISA, MasterCard, American Express Card

ご来場の際は、一般のお客様にもアポイントをいただいています。
アポイントが入っていない時間帯は不在にする事もあったりするので、ご迷惑をおかけしないよう...と思い。
ご予定決まりましたらFacebookやInstagramのメッセージからご連絡ください

 Facebook    Instagram

今回のテーマは、MIFUNE / KROFUNEともに 幻想的で香しい「モロッコ」にインスピレーションを得ました。帽子はもちろん、ファーアイテムやストールなど装飾的でコーディネートのスパイスとなるようなラインアップにてご用意しています。人気のスヌードも新色が登場、ニット系のウェアーはお揃いのニットCAPもあったり...

テーマやアイテムの詳細は、また後日ご紹介いたしますが、まずは日程のお知らせまで

その前に、3月のお届けもあります。(時間を上手く使えますように...)

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております




展示会・新作 comments(0) -
MIFUNE 2016 S/S Exhibitions “37th”.
photo : MIFUNE 16SS Natural color HAT, Decorative peplum belt and Bone beads necklace.

KROFUNEに引き続き、MIFUNEの2016春夏のコンセプトと新作をご紹介します。



2016 Spring & Summer, The theme of MIFUNE;
no.37


16SSのMIFUNEのテーマは「no.37」。
今年の8月に13周年を迎えたMIFUNEの、37回目の発表会という事でそのものズバリをテーマとしました。

...そう、13周年なのです。

この時期にちょうど、
長く続けてこれた感謝と共に、いちブランドとしてどう在りたいか...を考える機会がありました。

時々、フィルムを回すように覚えていられる事、というのはあると思いますが、
以前 恩師と話している際に...

「自分であらゆる試行錯誤ができて、コントロール出来るブランドがあるなんて、最高ね。」

...と言われた事を、何故だかフラッシュバックのように鮮明に、この夏にとてもしみじみと思い出したのです。

この形で発表していく限り、すべて自分で決められる・選べるのです。
必要だ、と思った事を考え、これが良いと思えばすぐに実行に移せるのが、
この形態で続けている良さです。

今の時代、本当にたくさんのモノがあり、大抵のモノは意外と簡単に買うことが出来ます。
そう考えたとき、とっつきやすいアイテムも含めてかなりの点数をお作りするよりは、
「MIFUNEやKROFUNEでしかあり得ない」というアイテムを揃えていく事の方が、
お客様にも喜んでいただけるのでは...と思いました。
だって、知らなければ、手に入らないんです。
現に 何年もかかって、MIFUNEやKROFUNEに辿り着いてくださるお客様もいるのです。

少人数で運営しているブランドなので、今からこのスタンスで進めることで、
ちょうどMIFUNEが15周年を迎える頃には、今まで以上にフィットしたモノづくりが出来るのでは...と。
そして、いま以上にお客様に喜んでいただけるようなブランドになっていたいと考え。
また新しい一歩です。


 * * *


...少し脱線しましたが...

16ssの覚え書きとして書き留めたものをひろってみると…




乾いた風/ざくろの色/HOBBY LOBBY
花/popism/装飾美術/境界




…と、あります。

まずは、「乾いた風、あれ。」
何だか創世記のような始まりですが、
次に来るのはパラジャーノフの色と詩的な世界、そしてザ・USAといった感じの広大なホームセンター、
フラワーチルドレン・東欧経由のエスニック、ひと匙のポップ、装いとギリギリのライン...

MIFUNEのキーワードも、デザイナーだけがわかる暗号のようです。





photo : MIFUNE 16SS Paint HAT, Decorative Fairy peplum belt and Gathers Necklace.




優美なるポップ、マジカル・ミステリーツアー。


不可解なキーワードでありながら、不思議と出来上がったアイテムは明快です。
夏になるとどうしてもかぶりたくなるナチュラル・カラーのHATは、ほんの少しの遊びがそれぞれにあり、
どんな人でもどれか一つは選びたくなるだろうし、
一見カラフルで奇抜のように見えるペイントHATも、実は計算された配色なので
不思議と浮いて見えることはない...といった具合に。

スッと入ってくる、けれど一癖あってそれが愛おしい。
そんなアイテムに仕上がったと思います。

他にも、壁紙のような花柄がポップなCAPや、
クラッシュ&バーバリーチェックの新型CAP、フォーキーなつば広などなど...

今回は帽子中心にお作りしていますが、ひとつレイヤード・ファッションが楽しくなるアイテムもあります。
装飾的なペプラム・ベルト...

実はこのアイテム、同じ考え方のアイテムを2009年・春夏のKROFUNEでリリースしています。
今回、何か装飾的なアイテムはないかなぁ〜...と探していた所、思い出した次第。
MIFUNEからは、カーキとエスニックテイストのプリントが絶妙なタイプと、
とてもフェアリーでミルクのようなピンクベージュの2タイプをお作りしています。
レディースはもちろん、カーキの方はオーバー・スカートのようにメンズでもお試しいただけると思います。
そしてどちらも、夏の簡単になる装いに楽しくなるエッセンスです。


 * * *


...と。新作のMIFUNEは、こんな考えを元に作っています。

KROFUNE同様に、何かひとつは試したくなるようなコレクションに仕上がっていると思います顔
MIFUNEをご覧いただける受注会は、仙台・SAKURAさんでの11月5日からがスタートです。

たくさんの方に見ていただけるよう、万事整えて、皆様のお越しをお待ちしております。
ぜひMIFUNEの新作で、薫るような春夏を見つけてください





展示会・新作 comments(0) -
KROFUNE 2016 S/S Exhibitions “no. 18”
photo : KROFUNE 16SS Set of the HAT, Lacework Feather and Gathers Necklace.



2015年10月。今秋は少し遅めスタートだった東京のファッション・ウィーク。
今回のコレクションで、KROFUNEは18回目。
2007年からのスタートなので、はじめたばかりと思っていたKROFUNEも8年目を迎えました。

時の経過を、今回はとても感じながら作ったコレクション。
不思議な事に、最初から作るものが決まっていたような感じで進んでいきました。

この、作ったばかりの感覚を忘れないうちに、新作について少しご紹介します。まずはKROFUNEから。
後日、MIFUNEもUPしますが、テーマと合わせてご紹介いたします。



 * * *


2016 Spring & Summer, The theme of KROFUNE;
no.18



16SSのKROFUNEのテーマは「no.18」。
18回目のコレクションを迎え、そのものズバリをテーマにしました。

タイトルに「黒」を冠さないのは、初めての事。
覚え書きとして書き留めたものをひろってみると…




北部/ブードゥー/砂漠/ダークマター
New York/品があるということ




毎度とりとめも無いこのキーワード、コレクションに辿り着くまでのデザイナーだけがわかる秘密の暗号。
このキーワードさえあれば、迷わず着地できる旗印なのです。





photo : KROFUNE 16SS Feather Silk hat type Straw HAT, Lacework Casquette/beret and Damage new-type CAP.



装飾的な毎日、愛しのパターン・ミックス。トラッド、時々グランジ。


そのキーワードに紐付けされた感覚をを元に、今回のコレクションは編み上げられていきました。

ボヘミアンなテイストも2015年の今は、
70'sのヒップでリラックスした雰囲気と、90'sの構わないグランジスタイル、
どちらのテイストも複雑に絡み、そして選ぶ事ができます。

砂漠の乾いた空気と、ブードゥー・呪術的なテイストを選んで、
装飾的なストロー素材のシルクHATが出来上がったり、

キルト、アフガン織り、ピンストライプ、ジャージーなど
様々なパターンをミックスする事で、緻密なバランスのパッチワークCAPが仕上がったり。

トラッドでスタンダードなワークCAPにダメージを施す事で、
グランジもすんなり大人アイテムとして成立したり。

たくさんの時代とカルチャーを経て、この2015年に辿り着いた今。
本当に様々な感覚を享受できていると、作りながら ひしひしと感じていました。


 * * *


...と。新作のKROFUNEは、こんな考えを元に作っています。

新作展の直前にはじめた公式Instagramでは、他のアイテムもいくつかご紹介していますが、
春夏バージョンのダブルHATや、レイヤードファッションが楽しくなるベルト、
さり気なく羽根を差した中折れのストローHAT(これはメンズ・大人におすすめ)や、
作りはじめた頃に突如としてハマってしまったNOTE柄のCAP & BAG などなど...

何か一つは欲しくなるようなコレクションに仕上がっていると思います顔

Facebookで告知しましたが、明日・10月30日より受注会もスタートします。
新型のペーパー素材のドレープHATなんて、ぜひその量感を手に取ってお試しいただきたいほど。
まぁ、全部なんですが...


KROFUNEの黒だけれど透明感のある、透き通るような春夏。ぜひ、たくさんの方にご覧いただけると嬉しいです。

後日、MIFUNEの新作もご紹介いたします


展示会・新作 comments(0) -
渋谷PARCO「ミツカルストア」にて。


6月10日より、渋谷PARCO PART1の「ミツカルストア」にて、
MIFUNEの1点モノHATや、ストール、クラッチなどをご紹介しております。

今回お出しした1点モノは3つ。
ストロー素材にはめずらしいBIGシルエットなハットや、
効かせ色にオススメのブルーのキャップは、ハンドステッチのパッチワークやWブリムなど細部にもこだわった仕上がり。
夏に向けて 簡単なコーディネートになりがちですが、
手の込んだクラフト感のあるアイテムをプラスすると、ポイントになっておすすめです

会期は7月9日まで。1点モノはめぐり合わせですが、ぴったりとハマるシンデレラが現れますように顔
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいヽ(´ー`)ノ

渋谷PARCO PART1「ミツカルストア」

1点モノの詳細はこちら





展示会・新作 comments(0) -
15-16AW 受注会、フリースタイルな空気感だった件。@群馬にて。


今回の受注会、初開催いただいた地域もあって、広島のSolomon Grundyさんと、群馬のFREE STYLEさん。
どちらも10年来のお付き合いをさせていただいているお店なのですが、
お客様のご要望もあって、受注会にお声かけていただきました

今日はお伺いした、群馬のFREE STYLEさんでの様子をご紹介しますかお






FREE STYLEの大矢さんに見ていただいたのは、2005からなのでちょうど10年前。
展示会に来てくださる度にアイテムをじっくりと丁寧に見ていただき、ファッションやカルチャー、
そして大矢さんのホーム・群馬での事など、今まで色んなお話しをさせていただいてました。

そんな大矢さんが「たかしくん(cilandsia)の所と一緒に、ARTな展示でやりたいんです」と持ちかけてくださって。
やりましょう、やりましょうと、今回実現に至りました。

場所はFREE STYLEの店頭を飛び出し、ほど近い「Snark」さんでの開催となりました。
建物の前に到着した際、ただならぬ存在感を放っていたこのスペース。
なんだろう 手数が少ないのに妙にカッコいい空間は…と思っていたら、建築家の小阿瀬さんという方のスペースだそう。納得

そしてもうひとつ。いつもと様子が違うのは、会場にフードの出店があった事。
フレンチの「シュクルキッチン」オーナーシェフの菊地さんと、
とっても香りのいいハンドドリップの珈琲「AYA COFFEE」のあやこさんが、
オープンキッチンにてクールにスタンバイされているという…!! 大矢さんならではの布陣です。

お客様は、日曜の昼下がりにスタートしたこのイベントの空気感を楽しみに訪れていて、
試着したり、近況を報告しあったり、美味しいごはんや、珈琲をいただいたり。
ひとりで来て、ポツポツしゃべりながら、カウンター横に座ってゆっくりワインを飲んだり。
どの方も、自然に泳ぐような感じで、この空気感と遊んでいました。人それぞれ、まさにフリースタイル。


どこのお店にも言える事なのですが、
受注会や出張などでお取引先を訪れる度に、その土地ごとのお店のあり方の違いをとても感じます。
春と夏がくるから、秋や冬になるから、と言って、新しいコレクションを発表し、選んでいただいているのですが、
同じ商品でも、地域ごとに在り方が全然違うのです。
単にモノだけの広がりではなく、やっぱり人なんだよなぁ…と痛感し、感謝する瞬間。
そしてお客様も、自分の機嫌の取り方を良く知っている方ばかり。


今回のFREE STYLEさんでの展示も、長年培ってきた大矢さんならではの事。日常が、非日常的。
楽しく、勉強になった2日間でした。






【覚え書き・その1】



今回の展示に合わせて、メニューを考えてくだったという、嬉しいサプライズも。
わかる範囲で書き記しておきます...φ(・_・

上段左・マリエンホーフという素材ダイレクトなリキュールは、色鮮やかなcilandsiaさんのイメージ。
こんなに色鮮やかなのに、着色料も色止めも香料も使っていないとか…不思議な…

上段右・スペシャルプレートの「三元豚と野菜のモザイク」。
まわりの黒いソースは今回のKROFUNEのテーマ「noir / noire」にちなんでとの事。
黄色はパプリカ、グリーンはバジルとパセリのソース。にんじんはグラッセ美味しかった... (。-_-。)

下段左・スペシャルデザート・その1「タルトショコラとバナナアイス」。
この漆黒のショコラもKROFUNEイメージとか。ショコラが濃厚

下段右・スペシャルデザート・その2「パイナップルのリオレとソルベ」。
「リオレ」というミルク煮にしたお米のデザートに、
パイナップルのソルベ・フレッシュな果実・ドライチップと、パイナップル3段活用。
すべてを一体に、ひとすくいで食べるとすごいバランス。MIFUNEテーマのリヴゴーシュにキーワードとして上げていた
ゲンズブールから、「ペルノ」というリキュールを隠し味にしたとか。ほのかなアニスの風味。

もっと上の方の写真にあるAYA COFFEEさんの珈琲は、その都度豆を挽いて淹れてくれます。
本当にいい香り…あやこさん、決まった動作で淹れる事にしているようで、作法を見るよう。
温度、重さ、時間など、いろいろ計りながら、1杯に集中して淹れてくださいます。
香りと作法の連続、ずーっと見ていられるぐらい

菊地さん、あやこさん、ありがとうございましたDoCoMo






【覚え書き・その2】



1日目の夜は、大矢さんオススメのお店へ。オーナーの林田さんのお人柄で、めちゃくちゃレアな日本酒が押し寄せていました。
ご一緒した なかじまさん・あこKさんご夫妻、まなぶさん、かないさん、ばつこさん。ナチュラルに楽しい夜。
かないさん、今度はお車ナシで!笑
ありがとうございました顔






【覚え書き・その3】



今回ご一緒したcilandsiaの近藤さんに、けん玉ブーム到来中。
不思議なバランスで技を習得。
今回のcilandsiaのコレクションでは、シルクスクリーンも購入できます。
“sakura”というカラーのものを、mtrismで迎える事にしました。到着が楽しみ


 * * *

…というように。
大矢さんらしい今回の展示、初めての形だったにも関わらず、とても心地よい2日間でした。

お店の在り方や、作り手のテンション。そしてお客様。
作ることでこれだけ様々なレスポンスがあるのなら、作り続けるのもいいじゃない、と思った今シーズン。
たくさんの方に見ていただけるように、またインプットから始めます。

ありがとうございました顔


Thanks a lot to Gunma "FREE STYLE" !!

Newest Is Not New Clothes, But New Attitude.
And Enjoy New MIFUNE and KROFUNE ♡




展示会・新作 comments(0) -
2015-16AW受注会も無事終了! ロングラン公演だった仙台にて。


5月も下旬。3月末に発表した2015-16AWコレクションも、展示会・受注会がようやく終了!!
長かったようなあっという間だったような…今回もたくさんの方にご覧いただき感謝しきり。
ありがとうございました(´▽`)ノ

名古屋・東京・仙台・広島・群馬と。
無事終了して とても感慨深いのですが、忘れないうちに お店にお伺いした際のレポートを残したいと思います。

まず仙台のSAKURAさんにて。
SAKURAさんでは、11日間というロングラン公演。ラスト2日にお伺いしたのですが
本当にたくさんのお客様にお試しいただけたようで、ありがとうございました涙キラキラ

写真は、お伺いした際のものと、SAKURAさんのSNS掲載の写真をお借りしています。

昨年あたりから、つば広のHATがとても人気が出てきて、CAPやニットキャップをかぶっていた方も
HAT、行ってみようかなという方が増えてきて。

つば広というだけでなく、高さのあるHAT、BIGシルエットなものなど…
帽子をかぶってバランスを取る、というコーディネートがとても浸透したように思います。

そして、LUSHLIFEのエッセンスがSAKURAにMIXされたのか、
リニューアルしたSAKURAは、少し大人っぽくなっていて。計算されたナチュラルがとてもかわいくて。
身につける事で、新しい自分を見つけたならば「出会っちゃった」と言って、いろいろお試しいただける感じ。
ここ数シーズン 秋冬で定番のスヌードと ウェアー類との合わせも、こんなにかわいい合わせがあるんだなぁ…と発見がありました。






仙台はデザイナーの出身地という事もあって、受注会にもお伺いする機会が多いのですが、
5月の仙台の街並というのは、本当に欅並木のみどりが美しくて。
この時期に仙台に行けることを、いつも楽しみにしています。

そして、この街並でこそ、活きるコーディネートってあるなぁ…とも思います。
仙台は街並がクリーンで都会的なので、ファッションは少し過剰だったり、着崩すぐらいで ちょうど合うような。
本当にその地域ごとに色があるなぁ...と、実感した今回のコレクション。

TRANCEのシホさん、みゆちゃん、TOPPYさんもにもいろいろ参考になるお話しを伺えて。
そしてお客様にも、いつもながら ちょっと先のお買い物をお考えいただき、本当に嬉しく思います。

MIFUNEとKROFUNEとして、常に新しい発見を感じてモノ作りを続けていますが、
今回の仙台では、また何か発見したように思います。

お届けまでお時間いただきますが、がんばって作ります
ありがとうございました顔

Thanks a lot to SENDAI !!
And Enjoy New MIFUNE and KROFUNE



展示会・新作 comments(0) -
| 1/11 | >>