NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
POPの種を探す旅
先日、3年に一度・4回目を迎える
越後妻有トリエンナーレに行ってきました。

昨年FUJI ROCKの帰りに立ち寄ってから次の開催の時は絶対行きたい...と思っていたARTの祭典。
でも今年は行けないかな...とあきらめかけていたその時、お誘いの連絡が。
やっぱ行っちゃうか?と、急遽ツアー決定〜!!(OHYAさん、行けました〜っ♪)

折しもこの日はKING OF POPの誕生日、POPの種を探す旅。
タイミングよく誘ってくれたATSUSHI & YUKO夫妻にも感謝!



初日は十日町エリア。
まずは、生前に岡本太郎も通ったという「由屋」にて “へぎ蕎麦”。
J.カーディフ&J.B.ミラーの「ストーム・ルーム」にて嵐の時の気持ちをシュミレーション、
「絵本と木の実の美術館」では、なぜかイヴ・クラインと水木しげるを所々に感じ、
「虹色の蛇」では、人工のレインボーにもラッキーを見いだし、
「福武ハウス」にてアジアのギャラリストの勢力図を確認。
そしてNASPAにて宿泊。温泉三昧と温泉卓球。(NASPAおススメです)




二日目は松之山エリア。このエリアは初めて。
ボルタンスキー&カルマンの「最後の教室」にて洗練と五感を研ぎ澄ます種をいただいて、
ドロテー・ゴルツの「コーヒー・セレモニー」では“珈琲道”なるものを発見、
「森の学校キョロロ」では、少し落胆し(なぜか。笑)、
ペドロ・レイエスの「コンピュータ穴居人のための家」ではフォトジェニックについて考える。

他にも見ましたけどね、大枠このようなルートにて回遊しました。
行ってみるとわかりますが、地元の方々が老若男女問わず 受付をやっていたりご案内をしてくれます。
人によっては、キュレーターや学芸員より作家の人となりや その作品について話してくれる。
図録1冊を解説する勢い。370点ありますからね、おどろき。。。
「コーヒー・セレモニー」では、コーヒーを飲んで→写真を撮り→その写真が作品の一部となる...にも関わらず、ひとりのおばちゃんが その一連をスラッとフツーにやっていたり。
日常を非日常に変えて楽しむ人。よっぽどARTだわ!

こうして、ずいぶんリフレッシュしたmtrismは
展示会の準備に没頭します。For All Time!! (by Michael)

越後妻有トリエンナーレ「大地の芸術祭」は9/13まで。
日帰りでも何とか行ける距離!? お見逃しなく◎

ART comments(4) -
Comment








やっぱり妻有行こう!!と思ったのは、
OHYAさんのブログを見て、でした☆
だって『やっぱりお店は休みにして行きます』とか書いてあって〜
これは行かなくては!...と。

展示会でお会いできるのを楽しみにしております◎
from. asaco by mtrism | 2009/09/15 13:16 |
遅くなりましたが・・・
行かれましたね〜
いろいろと考える種を頂いてきました
これから咲かせていきます
もうすぐ会えますね〜
from. ふり☆ | 2009/09/15 08:28 |
ピンポーンは、また後日やりましょう◎
リーグ戦方式でっ!
from. asaco by mtrism | 2009/09/02 16:04 |
ピンポーン、たのしかったね。

展示会準備がんばってね〜!
from. atsu4 | 2009/09/02 01:12 |
<< NEW | TOP | OLD>>