NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
8月も5日経ちましたが、夏レポート・その1
もう8月を迎えましたが、7月、マトリスムではいろんな事がありました。
MIFUNEが8周年を迎えるための布石? それともいつもより出会いの多い夏?
前によく、イリエナイルさんとお茶してる時に「人の面白さは移動距離に比例する」とナイルさんは言っていた。
単純に通勤で移動するようになったし、ぜんぜん出歩いてるし、前よりは面白くなってんのかな?

という事で、7月の夏レポート・その1です。




7月○日

後輩の清水くんが始めたデザイン・プロジェクト「プリンティッド・シングス」の展示を見に代々木上原へ。
東北沢駅が最寄りだというので散歩がてら歩いていると〜、メディコムトイさん発見。
ここにあったのかぁ〜、赤司さーん、ご無沙汰してまーす!などと勝手に声援を送りつつ歩いていると、会場のNo.12 Galleryが出現。

この展示は、活版印刷がおもしろくて意味不明な程に繊細な微調整ができる印刷方法であり、
それが 楽しい!たまらん!!!という展示。15段階のインク調整と、9段階の圧力調整で135通り。
タイヘンたのしい印刷方法です。

清水くんは、どちらかというと人見知りデザイナーである。
でも、その清水くんが、話す事がいっぱい!これもあれも聞いてほしい!という感じだった。

活版で名刺にした場合、両面印刷だと一枚あたり100円ぐらいになるでしょうか。
でも、この一枚はずっと とっておきたくなるような、触っていたくなるような紙。

ネットで印刷を安価に頼めるようになって便利だけど、
そんな仕組みが定着する前は、印刷会社の営業さんに一通り印刷に関する注意事項を説明し、
今いちど誤植がないか居合わせた全員で確かめ、
ハズしたくない色は、既に印刷されている紙を色見本として渡したりしてた。
大きい印刷会社に特殊なものをお願いすると、プリンティング・ディレクターなる職業の方が付いてくれたりする。

そういう 手間がかかり、細かく繊細で、意外と湿度や気分のムラなども
バッチリと反映してくれそうな活版印刷という手法を、少し堪能することができた。

...という事で、マトリスムのデザインに「活版印刷」というカテゴリが加わりました。
ココ一番という印刷物を作りたい方はご相談ください◎


 * * *




7月☆日

大学時代からの友人であり、MIFUNE / KROFUNEユーザーであり、かなりの自転車乗りのTOMOくんが経営する
デザイン会社「TWO PLATOON」から、デザインの展示会に出る時に着るユニフォームを、
以前MIFUNEで出したTシャツの形で作ってほしいという依頼があった。

おもしろそう! 早速打ち合わせ〜、と言う事で伺ったところ
「ジャイアンが着てる服をTシャツにしたいんだけど」という、まさかの「ジャイアン」しばり!!

理由は、TWO PLATOONに在籍する通称「ジャイアン」からきている。
ちなみにコーポレートカラーの黄色ももちろん「ジャイアン」から。
なんでジャイアンばっかり...と言ってはいけない。優秀なデザイナーを多数抱えるTWO PLATOONの中でも、
7月にカンヌ広告祭で銀獅子賞を受賞したエースであり、アイコンなのだ!(注:mtrismの勝手な解釈が含まれています)

そんなこんなで、パタンナーのミルク姐さんも
進行状況の電話でも当たり前のように「ジャイアンTシャツ」と言ってくるなかで、写真のTシャツは出来ました。


photo by TWO PLATOON

そして、このTシャツに合わせて〜、
写真のようなステキなうちわも作ったり、缶バッジを作ったりと、ツープラトンのみなさんノリノリです!
作る人って、作りたいな〜 → 作っちゃおうか!って勢いがつく時があるのですが、
今回みたいな楽しいイベントに誘っていただいて嬉しかったです。

TOMO社長、TWO PLATOONのみなさま、ありがとうございました◎

...という事で、マトリスムのデザインに「オーダーTシャツ」というカテゴリが加わりました。
少量からでもできるだけ方法を考えます。こだわって作りたい方はご相談ください◎


その2は後日時々ウインクペコちゃん


meet on Wednesday comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>