NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
TOKYO PHOTO 2010



先日、六本木ヒルズで開催中の「TOKYO PHOTO 2010」の内覧会に行ってきました。

この展覧会は、国内外のギャラリーが一堂に会して
写真を展示するだけでなく、気に入った作品は買える、という趣旨。

ホントに沢山のギャラリーが参加してることもあって、
普段見る事のできない見たかった作品や、見たかった作家がズラリ!

森山大道のハイコントラストな写真も、ウォーホルのポラで撮った写真も、
休日のデヴィット・ボウイも、ユニオンジャックドレスのケイト・モスも一堂に飾られています。




その一角、東京の若いギャラリストが会して展示していた
「NEW TOKYO CONTEMPORARIES」というエリアに、
友人のローゼン美沙子ちゃんが参加しているとの事、ドレドレと行ってみると...

なななんと!あの竹崎先生がいるではないか!!!

竹崎先生とは、
マトリスムに来られた方は目にしているはずの「Rawlings」と描かれた作品のアーティスト、竹崎和征さん。

彼は、MISAKO & ROSENに所属するアーティストで、美術手帖や先月のHUGEでも特集・掲載されています。

晴れて竹崎さんとご対面で、嬉しい!
MISAKO & ROSENから出品していた、安村崇のシリーズ写真も「和」の解釈がカッコいいです。

絵や写真を飾ったり、共に暮らしたリって、
最初はええーーっ、、、って気後れするかもしれないけど
好きな絵と過ごす時間は、とても気持ちが落ちつくし、なんだか良いものです。

ギャラリーで絵を買う、なんてあまりピンとこないかもしれないけど
最近はカジュアルな、買いやすいARTを扱うギャラリーも増えて来ています。
そして、いくらカジュアルだったとしても「真作」だってところがいいじゃないですか。

好きな作家やテイストをみつけて、コレクションするのもARTの醍醐味!

TOKYO PHOTO 2010は、9月20日まで電球


ART comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>