NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
受注会中というのは、インプットの時期でもある・その2



そういえば、受注会の時お客さんに「普段、どういう1日を送ってるんですか」と、聞かれた事があった。
時期によっても違って、展示会前の1ヶ月なんて、もぅ関係ない話は話したくもないほど集中しないと作れない。
けれど、終わって生産に入る前のこの時期は、のびのびとインプット。

インプットした事は、入れっぱなしじゃなくてまとめないと身になりにくい。
自分のメモ代わりにも、その1から引き続き、インプット期間の行動録・その2をお送りします。


冒頭の写真は、代官山の蔦屋書店あたりでやっていた蚤の市での写真。
ホント選りすぐりのアンティークなモノ達が、それなりにカッコイイお値段で売られています…
ただ、欲しい・欲しくない別にしても、見合ってない値段じゃないんですよね。
このレベルのモノを集めたいんだって、ビジョンを持って集めないとこれだけのクオリティ保てないと思うし。
物に、というより、その気概の方にクラクラしたかもしれない。
ディスプレイから、ものとしての存在感など。いろいろ考える事が多かったです。







見たかったもの、行きたかった所へ、ここぞとばかり行くのもこの時期。

この写真は、XYZ Collectiveというギャラリーでやっていた、
囚われ、脱獄」という展覧会にて。

マトリスムのアトリエに飾っている「Rawlings」のペインティングを描いた竹崎さんの作品を見に。

白い空間に、綺麗な色がたくさん。
Rawlingsのスタッズ付き「鬼に金棒」、欲しかったなぁ〜
竹崎さんとも久々にお会い出来て良かったです。







学生時代からの友人と、久々に食事。
2件目の立ち呑みBarがスゴい
お通しに出てくる殻付きのマカダミアナッツやクルミを、専用の器具で割って食べるんですが、
なんと、殻を床に落とすのがルール

木の床だと、殻に残ったオイルでいい色になるそうで。
床いっぱいにナッツの殻が落ちてると、流行ってる店みたいでカッコいいでしょ、と店主。







DVDや映画もまとめて。良かったのはーー

「華麗なるギャッツビー」は、あらゆる贅沢に退廃と執念をヒシヒシと感じる1本。
見た目にも勉強になる事多し。テキスタイル使いとか、インテリアとか。オトナ趣味の極みで。
設えとかが子供っぽくなくて素晴らしい。

あ、シュタイデルも見ました。
本を作らずにはいられない人の、作るからには...というスゴい話。
提案の瞬発力と的を得た感じが、クライアントとしては堪らないんだろうな。

...ただ、途中 優柔不断な依頼主のグダグダ感がたまらなくなって、15分ぐらい寝ると思います…







花の名前からとったブランド名の、某チランドシアさんと食事に行った時。お花をいただく。
きれいなピンクの部分から、深い紫色の花が咲きます。ありがとう







大学の後輩が、外苑前で始めたリトアニアのグッズを扱う「LT shop」にも。
オープンしたばかりのお店は、すでに空気感が出来上がっていました。
カカオ豆からこだわって作る自家焙煎のチョコレート「Chocolate Naive」、しばらくここでしか買えないそうです。
チョコレート好きのお土産に






Let's go to a hot spring !





神楽坂の陶展を見に行ったお店にて。枝ものの生け方、参考になる。





MISAKO & ROSENで12月22日までやってる、ファーガス・フィーリー展へ。





某macaronicを11月いっぱいで卒業する、AIちゃんのおつかれ様会。
と言いつつ、たわいないいろんな話で盛り上がる。
新しい始まりっていいねと改めて思う。

 * * *

もっといろいろあるので載せたらキリが無いのですが、…ホント、メモ代わりですな…

インプットのあとは生産 師走、いい緊張感で走り抜けたいと思います笑うピース




行動録いろいろ comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>