NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
KROFUNE 2015 S/S Exhibitions “ Black Lily ”
photo : KROFUNE 15SS Baguette HAT & New model cap



台風と共に始まった15ssの展示会、第1弾も無事に終えて。来週からいよいよ第2弾
今回は、出来上がるまでは本当にいろいろありましたが、上がってくる新作はとても良く、
あるいは いい意味でイメージを上回るような事もあって、飴とムチ、ビター&スウィートな案配…

ともあれ、無事にスタートした15ssの新作展。

そして今日は、今回の新作をチラッとご紹介します。まずはKROFUNEから。
上の写真のハットは新作のテーマを象徴するような雰囲気のもの。今回、他のアイテムも佇まいがスゴいです ジェンダーレス
後日、MIFUNEもUPしますが、テーマと合わせてご紹介いたします



 * * *


2015 Spring & Summer, The theme of KROFUNE;
Black Lily



今回のKROFUNEのテーマは、写真家 ロバート・メイプルソープの作品によって、そのイメージが増幅しました。

随分前になりますが、目黒にある庭園美術館でメイプルソープの写真展が行われた事がありました。
彼が42歳で逝去して3年後の事です。





photo : KROFUNE 15SS Patchwork & Crashed Casquette



ロバート・メイプルソープは、1980年代に主にニューヨークで活動していました。
スティルライフ、ポートレート、ヌードなどを題材としていて、パティ・スミスがパートナーだった事でも知られています。

活動期間は短く、1989年に他界。今回のテーマのきっかけとなった写真展は、彼の没後に開催されたものでした。





photo : KROFUNE 15SS Fresh water pearls Hat




その写真展で、印象に残ったのが「イースター・リリー」という写真。
ゼラチン・シルバー・プリントの白黒写真が十字架を模した額に納められていて、彼自身の存在の葛藤が見て取れるような作品。
聖と生と性。振り幅の大きさが魅力につながっているのだと、美しさが目に焼き付くような展示でした。





photo : KROFUNE 15SS Black Printed Matter series, cotton/linen stole




その “ モノクロームのユリ” が、今回のイメージソース。
祝祭の場にも悲しみの時にも供されるユリの、 両極でも変わらない美しさと強さ。
パートナーだったパティ・スミスのジェンダーレスな存在をアイコンに…。
記憶とイメージのリレーションが、春夏のテーマを決めるきっかけでした。





photo : KROFUNE 15SS Black Printed Matter series, Cotton Gown & Graphic Tee



 * * *


...と。新作のKROFUNEは、こんな考えを元に作っています。

テーマにある「ユリ」は、今回は振り幅の大きさの象徴として掲げています。
そして、裏テーマは「ジェンダーレス」。

よく、『KROFUNEって、メンズですか レディースですか』って聞かれる事があります。
MIFUNEを始めた頃はいわゆるユニセックスなファッションが全盛期だったので、
そのイメージもあって、そう聞かれるのかもしれません。

ユニセックスって、フェミニンな服をメンズとして着たり、オーバーサイズのデニムを女性が着るとか、
どっちかに寄せるファッションだと思うのですが、コレ、もう少し進化しないかなぁ、、と思って。

例えば、男性がかぶると がっつりメンズ、女性がかぶると より女性らしい...というような。
今回のKROFUNE、特に帽子はそれを目指していて、それこそ「ジェンダーレス」なんじゃないかと。
身につける人によって、メンズにもレディースにも傾くアイテム。

新作のHATはもちろん、ブラックプリントが美しいウェアなどをリリース。
人気のあるバゲット・ハットは、「KROFUNE 的解釈」で作ってみました
展示会1週目でも人気だったのは、スウェット素材のガウンや総柄のウェアなど…
ご好評いただいているストールも、大胆なプリントで薄着になる季節のアクセントになると思います。


今回も、展示会だけでなく受注会も予定しております。
KROFUNEの黒を楽しむ春夏。ぜひ、たくさんの方にご覧いただけると嬉しいです。

後日、MIFUNEの新作もご紹介いたしますかお




展示会・新作 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>