NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
KROFUNE 2016 S/S Exhibitions “no. 18”
photo : KROFUNE 16SS Set of the HAT, Lacework Feather and Gathers Necklace.



2015年10月。今秋は少し遅めスタートだった東京のファッション・ウィーク。
今回のコレクションで、KROFUNEは18回目。
2007年からのスタートなので、はじめたばかりと思っていたKROFUNEも8年目を迎えました。

時の経過を、今回はとても感じながら作ったコレクション。
不思議な事に、最初から作るものが決まっていたような感じで進んでいきました。

この、作ったばかりの感覚を忘れないうちに、新作について少しご紹介します。まずはKROFUNEから。
後日、MIFUNEもUPしますが、テーマと合わせてご紹介いたします。



 * * *


2016 Spring & Summer, The theme of KROFUNE;
no.18



16SSのKROFUNEのテーマは「no.18」。
18回目のコレクションを迎え、そのものズバリをテーマにしました。

タイトルに「黒」を冠さないのは、初めての事。
覚え書きとして書き留めたものをひろってみると…




北部/ブードゥー/砂漠/ダークマター
New York/品があるということ




毎度とりとめも無いこのキーワード、コレクションに辿り着くまでのデザイナーだけがわかる秘密の暗号。
このキーワードさえあれば、迷わず着地できる旗印なのです。





photo : KROFUNE 16SS Feather Silk hat type Straw HAT, Lacework Casquette/beret and Damage new-type CAP.



装飾的な毎日、愛しのパターン・ミックス。トラッド、時々グランジ。


そのキーワードに紐付けされた感覚をを元に、今回のコレクションは編み上げられていきました。

ボヘミアンなテイストも2015年の今は、
70'sのヒップでリラックスした雰囲気と、90'sの構わないグランジスタイル、
どちらのテイストも複雑に絡み、そして選ぶ事ができます。

砂漠の乾いた空気と、ブードゥー・呪術的なテイストを選んで、
装飾的なストロー素材のシルクHATが出来上がったり、

キルト、アフガン織り、ピンストライプ、ジャージーなど
様々なパターンをミックスする事で、緻密なバランスのパッチワークCAPが仕上がったり。

トラッドでスタンダードなワークCAPにダメージを施す事で、
グランジもすんなり大人アイテムとして成立したり。

たくさんの時代とカルチャーを経て、この2015年に辿り着いた今。
本当に様々な感覚を享受できていると、作りながら ひしひしと感じていました。


 * * *


...と。新作のKROFUNEは、こんな考えを元に作っています。

新作展の直前にはじめた公式Instagramでは、他のアイテムもいくつかご紹介していますが、
春夏バージョンのダブルHATや、レイヤードファッションが楽しくなるベルト、
さり気なく羽根を差した中折れのストローHAT(これはメンズ・大人におすすめ)や、
作りはじめた頃に突如としてハマってしまったNOTE柄のCAP & BAG などなど...

何か一つは欲しくなるようなコレクションに仕上がっていると思います顔

Facebookで告知しましたが、明日・10月30日より受注会もスタートします。
新型のペーパー素材のドレープHATなんて、ぜひその量感を手に取ってお試しいただきたいほど。
まぁ、全部なんですが...


KROFUNEの黒だけれど透明感のある、透き通るような春夏。ぜひ、たくさんの方にご覧いただけると嬉しいです。

後日、MIFUNEの新作もご紹介いたします


展示会・新作 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>