NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
2020 Spring and Summer, KROFUNE “LEMON, GENOVA & ARIA”




KROFUNE 20ssのテーマは「LEMON, GENOVA & ARIA」。
レモン、ジェノバ そして アリア...から想像できるところが舞台です。

ここ数シーズン、テーマは変わっても共通している感覚は、大人がオトナとして美しくある事。
身に付けてコンシャスであり、雰囲気が馨るようなアイテムを。
今回のKROFUNEで言えば、ダークでファンタジックなテイストです。






KROFUNE 20SS, New Collection“Capone”and“Itarian Slash”



例えば帽子。
ネクタイを巻きつけたり、薄いウールにファスナー、
存在する気がしないイタリアン・ヘヴィーメタル等、ダークでありつつエレガントな空気を追及したり。





KROFUNE 20SS, New Collection“SPARROW”and“LEMON”



カジュアルでストリートなイメージのCAPは、
プリーツをあしらってモード系に、
ロープやゴシックな金属ボタンでスタンダードなイメージに、
刺繍でゴシックな雰囲気に。
…と、表皮を纏うことでイメージを変える、という事をシンプルな方法で形にしてみたり。








KROFUNE 20SS, New Collection




ウェアやストール・BAGなども、艶と湿度のある黒・空気感を表現したり。
美しい事をまっすぐに美しいと明言するカルチャーに感銘を受けてお作りしました。

MIFUNEもKROFUNEも
オリジナルプリントでウェアやストールをお作りする事が多いですが、
今のような形ではじめたのは 2012春夏のシルクスカーフからなんですね。
簡単に数えてみても8年、1シーズンは帽子だけの時もあったので
15シーズンもやってるの...と。

ここ数シーズン、纏う事を再認識して、柄の作り方もだいぶ変わったのですが、
今回の20ssで白っぽいグラフティアートや筆跡のような柄が出来た時は
またこれから変わっていくな...と思いました。

気の利いた無地の洋服は本当に簡単に手に入るようになったので、
人とカブらない事を考えると、柄や生地合わせの「表皮」への意識がオリジナリティなのかなぁ...と
いま一度気づきはじめています。






KROFUNE 20SS, New Collection



ご好評いただいているドレス・ターバンは今回KROFUNEからはドットとオールブラックの2種、
MIFUNEからブラッドオレンジのような色違いでお作りしています。

今回のターバンはとてもスタイリッシュ。
流行りの大振りヘアピンや、
お手持ちのスカーフと重ねづけされても素敵だと思います。

そして、インスタに載せていろいろコメントをいただいた
ブラック・チュールBAG。
BAG本体の大きさは50cm×55cmと大きく、そこにチュールがファサっと覆いかぶさっているので、
大きいバッグ、という印象なのですが、
バッグの容量にあわせて沢山入れたりはしないでほしい、という...

なぜなら、見た目優先でお作りしているので、持ち手の素材が繊細なのです。
黒いふわふわを連れ歩く、ぐらいでコーディネートいただけると
存在感として楽しんでいただけると思います。(ちょっとムリヤリですね... でも かわいいですよ)


そして余談を。
イタリアをテーマにする上でいくつかの参考資料を見聞きしましたが、
題名とうって変わって憎めず笑ってしまうのが、映画「マフィアは夏にしか殺らない」。
お時間ありましたら見てみてください。イタリア人の耽美・刹那 etc...がよく出てると思います。

そこかしこに、KROFUNEらしさを認識いただけるのでは、という春夏の新作。
ぜひ、各地の受注会や店頭でお楽しみください



from : mtrism, 25th Oct. 2019



=========================================

   instagram https://www.instagram.com/mifunekrofune/

   MIFUNE online store https://mifune.stores.jp/

   KROFUNE online store https://krofune.theshop.jp/





展示会・新作 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>