NEWS mtrism / MIFUNE / KROFUNE

MIFUNE / KROFUNE Official news blog by mtrism surfacedesign.
大人数で出来ること、そのために個々は。


オモシロそうな事、は、突然はじまる事が多い。
思いがけず、突然はじまるからオモシロなのかもしれないけれど。

最近、いろんな、いろーんなジャンルの仕事をしています。

けれど、そこに持ち寄る時のmtrismのチカラは、たぶんいつも通りです。

いつも通りだけれど、優れた使い手が、mtrismの良いところを見いだしてくれている感じ。感謝。

どんな職種でも「ディレクター」とかいう肩書きの人がいると思うけれど、
その名の通り「方向を指し示す役割の人」がディレクター。
こっちだよ、って言う人。そして、少数意見を採用する場合もあるから、勇気のある人。

何だかエラい感じにしたい時の肩書き、では無いのです(笑)

指し示してくれるのだから、えぇーーーっmtrism_franceって驚くような先見性を持っている。

大人数をまとめるのが得意な人は、驚くほど歯切れのよいコピーで心酔させてくれるし、

1対1で接して士気を高めるのが得意な人は、
自分と自分以外の人の違いがどれぐらいなのか、ミリ単位で感じる事ができて、めんどくさがらない。

マネジメントもできるディレクターは、心配をさせるような空気は作らない。アッパーな雰囲気作りが得意だ。

...でも、この優れた人達は、自分が何ができて/できないのかを良く知っている。
道具があればできるとか、あの人と組めばできる、とかも。

そういう人達から得るものというのは、とても大きいのです。
そうして、楽しく仕事できる事に、展開に、嬉しい気持ちで仕事をしています。
そういうものに わたしは なりたい〜(© 宮沢賢治)

形になったものから、ご紹介していきます


デザイン・ロン comments(0) -
MACARONICのコレクションにて。


少し前になりますが、4月21日六本木ヒルズアカデミーにて
MACARONICの2011-12 AW Collectionのランウェイ・ショーがありました。

3月の中旬以降、MACARONICに限らず、来期のコレクションでショーを予定していたブランドは、
「ていでん」や「ジシュク」や「トウキョーダッシュツ」や「よーすみ」などなど、

クリエイションとは直接関係しない様々な事柄や、コレクション以外にとても気持ちを割かれる事がたくさんあって、
発表までの期間の 最速で進みたい気持ちを「ぱたっ」と止めざるを得なかった。



そんな事を知る由もなかった3月の初め、MACARONICのデザイナー青木さんから連絡。

「ショー用の帽子、作りたいんですけど」

当初の予定で進むんだとしたら、じつにショーの2週間前だったと思う。

いくつかは作り上げて、さらにやりたい事がグツグツしてきての、ちょうど2週間前、と言うべきだろうか。
そんなところに、MIFUNEは、ぽんっと乗せてもらった。

そして「いざっ」って言う時に3週間ほどの停止。

とめた事は、はじめるか、やらないかを決めないといけないのだけど
4月のはじめ、ショーの開催が決まったと連絡。

そして出来上がったのが ものすごくデッカいドレープHATmtrism_france

4点は作りたいと言っていたところ、我々も新作発表があるからと
「バッチリ作った1点」にしてもらった。

制作の後日談として、ツッチーいわく
「大型トレーラーのハンドルで運転してるみたいな感じで縫った」って言ってた。




ショーの当日、私の席から一番きれいに撮れた写真はこれですが、

コレクションの全貌が、少しリニューアルされたMACARONICのサイトでご覧いただけます。

MACARONIC / WEB  →Collection / オノマトペ

このサイトリニューアルも、mtrismがやらせていただいたんです。
なので、思い入れいっぱいにBLOG書いちゃいましたDoCoMo

今回、こんな風に コレクションの一端にでも参加できた事、
声をかけてくれた青木さんやMACARONICのみなさんに感謝 ありがとうございました


デザイン・ロン comments(0) -
La glace Soin というサロンのデザインを。


最近のお仕事に、いくつかのサイトOPENや更新があって、
その中のひとつ「La glace Soin」というアロマトリートメントと整体のサロンのサイトを、
先日 無事にOPENさせていただきました

La glace Soin / WEB SITE

このサロンを運営するのはSUMIさんという女性なのですが、
最初のオーダーが「サロンサロンした感じのサイトじゃないのにしたい」というもの。
何となくわかるような、わかんないような(笑)

何が、サロンのサイトに見られる嫌な感じなんだろう...と検証したところ、
いくつか上がった理由のひとつに

どの業種のサロンにしても、サロンのサイトって何だかうーっすらと
「入れ墨屋さん」みたいな雰囲気があるというか...後ろ暗い感じがするというと言い過ぎなんだけど。

簡単に言うと、清潔感や、リラックスできる感じが とても必要なのでは...と思って。

あと、もう1つの課題は「大人のかわいい」を表現せよ、という事。
このサロン、女性限定なのです。

これは大変.... エッジの効いたデザインはよくしてますけど、
大人かわいいって、意外とムズカシイでしょ...と。
カワイイを追求し過ぎると子供っぽくなるし、大人に重きをおくとラブリーが足りない...など。

他にも、細かく気にするところや、こだわるポイントは いろいろありましたが、
そんなあーだこーだを経て、今回のようなデザインに至りました。

幸い、SUMIさんもとても気に入ってくださって顔

デザインは所有する方のものだから、使う方が気に入ってくださるのが一番
そして、サイトのデザインや雰囲気を元に
サロンの内装をデザインしたり、テイストを決めるポイントにしてくれたそう。うれしい

こうした、いつもと違うテイストのデザインは刺激になります。
たのしくデザインさせてくれたSUMIさんに感謝。

お時間ある時にでも、ぜひご覧になってください

La glace Soin / WEB SITE



デザイン・ロン comments(0) -
続・2月といっても月末と言えば。月末の過ごし方にロイヤルロードなし。


そう、いくら2月が短いからといって、やはり月末ともなれば納品。
ただいま、納品作業のまっさいちゅうです。MID !!!!

しかし、今年に入ってからのデザインに関する「気づき」は、いくつもあって驚く。
数えてみたら、グラフィックデザイナーをはじめて、なんと15年も経つ訳ですよ。自分でもおどろいたけど。
それぐらいやってて、まだ飽きないって、相当ですよ。この仕事。
すごく飽きっぽいのに。

一番最近の発見というのは、
ありモノをセンスよくMIXするというのは、そこそこ出来ると思うけど、

これからの私に必要なのは、全く何もない所から、
例えばデザインに必要な、小さなちいさなパーツから組み立てて、
形にする力をもっと養わなければ、という事。

でもこれがグラフィックの場合、むずかしいわけですよ。
相手が必ずいるデザインですから。デザインする時にまず相手が見える。
何も無い、ってことはほとんどないし、何も無いのは頼んでくる方も不安になる。
それを「大丈夫できるよ」って言う訳ですから。
それを言うのは大変なので、慣れている方法で、感覚だけで持って行こうとしてしまう。
いゃいゃ、そのやり方何回もやってるから....って思えるかどうか。

まぁ、何かの転機には必ず思う事ですけどね、「センス一発」みたいなの時の運だし。

でもこれは、 

やり出したらキリないかもしれないですよ
モリ見て・ハヤシみて、と思ったら伐採!!!みたいな。

でも、やらなければならないのです。ゼアイズ ノット ロイヤルロード。

...などと、納品中も、お手紙など書きながら、ばくぜんと考えを進めていると...作業がはかどります(笑)

ということで、KROFUNEとMIFUNEは明日より順次納品させていただきますプレゼント

今しばらくお待ちください


デザイン・ロン comments(0) -
セキュリティとアイドル、の はなし


先日、ここ何年かお付き合いのあるIT関連の会社からの依頼で
「セキュリティ」に関するお仕事をした。

仕事の内容自体は、例によってアートディレクションとグラフィックデザインの
一人二役方式でやらせていただいたのだけど、
以前作らせていただいた、サービスに関するブランド・ロゴを全面に出したものなので
責任をもってやらせていただいた次第でした。

ロゴの取り扱いって、なかなか大変なものなんです。
「白バックに載せる場合はこの使い方」とか「1色印刷の場合はこれ」とか「ぼんやりしたカゲをつけるな」とか。
本来なら、こんな事言わなくてもデザイナーなら判るはず...と思っていると、思わぬ使われ方をされて驚くもんです。
なので、ロゴを所有している方は取り扱いは慎重に◎ まぁ、作った人が扱うのが間違い無いんだけど。

久しぶりにIT系の方々とのお仕事でしたが、今回プロモーションするサービスは
いくつも「ウリ」があって、クライアントやサービスを開発した人は 全部が大事!!だから全部言いたい。
でも、一番大切なひとつに絞って正解。そんな時は、他の大切な部分も自然と浮き彫りになって良い結果を迎える。

そしてそのサービス内容。

例えば。お手持ちの携帯を、捨てるなり、リサイクルに出すなりする時、
自分や友達の番号とか、メールとか、消しますよね。「オールリセット」で。
ところが。オールリセットでは、実は消えていないのです。
よく、パソコンとかが壊れた時に復旧ソフトで、ファイルの復旧をしたりできますが、あれと同じ。
ネット上で「人気機種の携帯買い取ります」などと言って不要な携帯を着払いで送らせたりしてますが、
中には個人情報を得るのが目的の場合もないとは言えない...のです。

不要な携帯を目の前で穴をあけて「ほら、壊れたから大丈夫」ってサービスもありますが、
あれも実は△。

それが「解消」されるという携帯に関するサービス、8月以降に店頭などでご覧いただけると思います。
ほんとに情報の管理には気をつけたい.... このサービスに出くわした方はぜひお試しください◎

そして、IT系のおっちゃんたちの間で意外と話題になっているのが「○城 剛」。
高○さんは、実はIT系のオジサマ方のアイドル。
サワジリさんとの結婚報道の時、世間は「ハイパーメディアクリエイターって何?」と思ってただろうけど、
IT業界にしたら「T城くん、結婚して大丈夫なの??」と結構な割合で心配されていた気がする。
結婚後、「今度 T城くんと会うんだけど、もし嫁が同席したらどうしよう...」とか、
僕らのアイドルとは会いたいけど不安だ!という、闇雲なご相談を受けたりした事もあった。
なので、早く「決着」して欲しいんだって(笑)

...な〜んていう事を、見たり聞いたりするのも仕事と経験のひとつ。
情報って大切、でも、創造力(または 妄想力)には叶わないのかも?


デザイン・ロン comments(2) -
ファッションが教えてくれること


先日のお休み、予定もする事も決めてなかったのでDVDの新作を見た。
ファッションが教えてくれること」を。

結論から言うと、とても見応えのあるドキュメンタリー!
何を教えてくれるんだろう?と、素直に期待しつつ半分ハスに構えつつ見たのに
いくつも教えてもらったし、確認もさせてもらいました。

出来たらすごくカッコいいけど難しいんだな〜、、というのが
見た事も無い発想やフツウでないものを作りたいクリエイターが作ったものの中に混ざっている
「とてつもなくフツウなモノ」が傑作であり、代表作になるという事。

メディアにおいて、
作りすぎ・思い込みすぎ・難解なものが「×」で
すっと受け入れられるもの・軽快なものが「◎」だという考え方。

とても動きがあり、映画的な写真と、
画面からも数秒とまっている事が伝わってくるような
商品だけがよく見える何の変哲も無い写真、があったとしたら
つまらないかもしれないけれど「後者」を選ぶ感覚。

アーティストと接する時の態度(マリオ・テスティーノとのすっとぼけ合いは最高!)。

もっといろいろあったけど、ひとことで表すなら「普通を忘れない」という事だった。

クリエイターとして共感出来るのはグレイス・コディントンの方だけど、
アナ・ウィンターの普通でいることに妥協しない姿勢も素敵だと思う。すごく妥協しないから。

...この2人のような感覚が、1人の中に備わる事はほとんど無理なので
『刺激しあえて 認め合える人』というのは、どんな場所で生きていても必要。
なかなか出会える事じゃないかも知れないけれど。

教えてもらえます。☆☆☆





デザイン・ロン comments(0) -
社長の横に、アートディレクターを。TOKYO ADC 2010


先日、2010 ADC展のご案内が届いた。
ADC展とは、東京アートディレクターズクラブという
アートディレクターを中心に、フィルムディレクター、クリエイティブディレクター、コピーライターなどで
構成された会員制の団体が、毎年優れたアートディレクションを選出して
受賞作品を展示する、という展覧会。

いまのスゴくてイケてるデザインの展覧会、ですね。

会員になるには、出品して受賞しなければ入れないので、
フランスクラブより何十倍も入りにくい(どんな引き合い)けれど、
今回のご案内にナルホドと思う文章が書いてあったので、
引用してご紹介したいと思います。


社長の横に、アートディレクターを。

不況不況大合唱の日本企業の中で、
快進撃を続けているいくつかの企業の社長の隣りにアートディレクターが座っている、という噂です。
何十人の役員や何百何千の社員より、ひとりのアートディレクターのセンスや、判断力が役に立つかも知れない。
そう気づいた日本のリーダーたちが、増えている。ような気がするADC展です。 (DMより抜粋)



この文章では、アートディレクターという人達が誰よりも有能である、と言っている訳では無い。
職種はともかく、整理され 考え抜かれたデザインや、経営者とは少し違う見方と判断力で作られたデザインが、
企業の未来につながる「地図」の役割を果たしているような気がする、という話。

「気がする」という所が、とてもリアリティがあり。
そして、きっと外部の人間であろう人が、「社長の隣り」という位置であるのも
アートディレクターの役割をよく表している。
歯に衣着せずに、社長にだけ聞こえるようにまずは話してみる、のである。

そこで気がついたり、長年のモヤモヤが晴れた時、
その会社は少し元気になる。...という役割が、間違いなくデザインの持つ力の1つであるけれど、
その事が「おおっぴら」になって来た「ような気がする」、という話。
これは、大会社だけにあてはまる話ではないと思う。

そんなクリエイションがみられる展覧会は、7月5日から。

2010 Tokyo Art Directors Club Exhibition

デザインが未来をかえる...かもしれないデザインを、見れるかも知れないmtrism 01

デザイン・ロン comments(2) -
新しいアイディアをもって。
mtrism_100531.jpg

先日 マトリスムに、「こんな帽子つくって欲しいんだ〜♪」と
たくさんの資料を持って友人が来てくれた。

とても良く「帽子の効能」を判っている友人で、
展示会でも “これ冠ってくれたら嬉しいなぁ〜” というアイテムを さらっと選んで帰るんだけど、
仕事で使うとかではなく、純粋に自分が欲している機能についてまとめて 伝えに来てくれた。

すごい事ですよ! これは。うれしいかぎり。
新しい切り口に感謝して、新作にラインアップできるように準備していくつもり。

そしていただいたおみやげは、赤坂・青野の「富久最中」。
片面は「おかめ」、リバースすると「ひょっとこ」というクルリちゃん方式。
縁起のよいモチーフですね◎ ごちそうさまでしたき

そして夕方からは、とある企画の撮影。
厚さ5ミリのノートが印刷物の集積によって10cmの厚みに変貌したARTを久しぶりに見る。
出来上がりが楽しみです◎


デザイン・ロン comments(0) -
田中一光 展


銀座グラフィックギャラリーにて開催中の「田中一光ポスター」展に行ってきました。やっと。

田中一光さんと初めてお会いしたのも、ここgggだったなぁ、、などと思いつつ。

急逝から8年、「産経観世能」など 息をのむようなシルクスクリーンを含むアーカイヴを、
ようやく見る事ができました。

そのポスターの数々を見ていて思い出したのが
数年前にやらせていただいた、無印良品のお仕事。

以前、田中一光さんが無印良品で作ったテキスタイルのコンセプトをそのままに、
新しい語感で再生させようとするプロジェクトだった。

デザインの解明をするべく、当時の商品を持ち帰ったところ
その意図とデザインの緻密さに1時間ぐらいボーっとしたものでした。

ランダムにならんだモチーフは、気ままに並んでいるように見えて
決まった角度で回転し、しかるべき距離を持って並べられていた。

感覚的に見えて緻密、でも、その緻密さを選んだのは感覚だった、という答えでした。

デザインとは「こんな感じ」と ただ簡単に言ってみても良いけど
その場合は、そこへ行き着いた感覚を伝えられなければ説得力がない。

形も色も、中途半端に選ばれたものなど何もなかった150点のポスター。

残りの400点も 早く見たいものです。

デザイン・ロン comments(0) -
ロゴデザインと大玉。


最近のグラフィック系のお仕事はとても偏っています。
ロゴマークのデザインとネットショップ制作がダントツ!

タグを書くか、黒の中の白の分量に気を配るかの2択...
エクステンション

冒頭の画像はさっきOKが出たばかりのロゴタイプの “ ボツ案 ”。
何案か出したうち、一番気に入っているものが採用されて一安心、
でも2番目に気に入っていたのでUPしてみました。

ロゴマークを作る機会が増えたのは、こんなご時世だからこそ
「新しい事がやりたい!!」という人が増えたからかもしれません。

そしてネットショップも
セキュリティのシステムが安価になった事で導入しやすいし、
更新方法もちょっと勉強すれば誰でもできるシステムになってきたので
これまた「やってみたい!!」という人が増えたからだと思います。

こういった
新しい事に立ち会わせてもらうのは とても嬉しい事です。


 * * *

そしてヨダンですが〜、
仕事の合間に何の気無しに食べたミルキーが
なんだか大きい気がする、、、と思ったら




なんと「大玉」ミルキー!!!
数袋に1個程度の割合で入っているらしい。大玉だけでも売っているらしい
時々ウインクペコちゃん

mtrismではお客様にも一番人気のミルキー、
明日の「meet on Wednesday」で来るお客様に大玉は出るか??
乞うご期待です◎


デザイン・ロン comments(0) -
<< | 2/3 | >>